2016年07月12日

Peter Elliott obituary

My friend Peter Elliott, who has died suddenly aged 70, was a teacher and careers adviser who set up the adult and community education service in Wakefield, West Yorkshire, which under his management gained a national reputation. It was also cited by Ofsted as an exemplar for other local education authorities.

The hong kong university scholarships for international students and local students who admitted to its programmes in Hong Kong.

He was a prime mover in securing a multimillion pound EU-funded programme to develop lifelong learning centres across the Wakefield district, which remain an important part of the area’s regeneration strategy.


Pete was born in Lincoln, the oldest of three children, to Raymond, a timber merchant, and Dorothy (nee Willows), a local government clerk. He attended Lincoln boys’ grammar school and in 1966 went to Durham University to study classics. Moving to Leeds in 1969, he took a postgraduate teaching course and started his career at Bradford College. In 1973 he joined the careers service in Wakefield and in 1991 was appointed head of Wakefield Adult and Community Education Service, tasked with establishing it from scratch .


When he retired in 2006 he led a University of the Third Age course on Yorkshire history and was a committee member at Wakefield Jazz club, where his experience of fundraising helped to attract top musicians. He also chaired the governing body of Pinderfields hospital school in Wakefield, which provides education for children who are temporarily unable to attend school because of medical or mental health problems.


Pete loved rugby league, and every year organised a trip with friends to the Challenge Cup final at Wembley. He was a member of Yorkshire county cricket club, where he got friends advance tickets for Headingley Test matches, and was also a keen walker, especially in the Lake District and Yorkshire Dales.


The day before he died, Pete held his 70th birthday party at Wakefield Labour Club, known as “The Red Shed”. Most of the friends he had made over the years were there to celebrate his life and to thank him for enriching theirs.

Hence, when one receives medical devices supply, the conditions need to be checked, keeping these factors in mind.

In 2006 he married Sandra (nee Hesling), an adult and community education officer whom he met at work. She survives him, as do two daughters, Jo and Clare, from his first marriage, to Sue (nee Rowan), which ended in divorce, and two siblings, Barbara and John.


原文地址:https://www.theguardian.com/education/2018/mar/25/peter-elliott-obituary

  
タグ :Peterobituary


Posted by ょうどまうえ at 12:16Comments(0)jiaoyu

2016年07月06日

前へうしろへと揉み合

「そういうわけではないのです。階段を封鎖するのは簡単です。問題は、オサが対抗呪文を知っているかどうかという点です」
「手下の兵隊が駆けつけてきて階段を下りようとするSCOTT 咖啡機まで、オサには封鎖されていることはわからないんじゃありませんか」ティニアンが尋ねる。
「そうですね。そのとおりです。見事ですよ、ティニアン」
「テラスの上をぐるっと回って、神像に近づけないかな」カルテンが提案した。
「無理です」とセフレーニア。「オサが魔術師だということを忘れてはいけません。そんなことをしたら、こちらの背中に次々と呪文を投げつけてくるでしょう。まずオサと対SCOTT 咖啡機開箱決するしかないのです」
「マーテルともね」スパーホークが付け加えた。「さて、あの儀式が続いているあいだ、オサはアザシュの邪魔をしようとはしないはずだ。その点はこちらに有利になる。とりあえずオサの心配だけすればいいんだからな。オサを相手に戦えるでしょうか、セフレーニア」
 教母はうなずいた。
「オサは勇敢な男ではありません。脅しをかければ、自分を守るために力を使うでしょう。王宮から駆けつけてくる兵隊を当てにして」
「やってみましょう。みんな準備はいいか」
 全員がうなずく。
「じゅうぶんに気をつけてくれ。それから、マーテルとわたしの一騎討ちになったら、邪魔が入らないようにしてくれ。よし、では行こうか」
 一行は階段の上まで移動し、大きく息を吸いこんで、武器を手に寺院へなだれ込んだ。
「やあ、そこにいたのか、マーテル。ずっと探してたんだぜ」スパーホークはわざとマーテルの気安げな口調を真似て言った。
「待っていたよ、スパーホーク」マーテルは剣を抜いた。
「そうだろうとも。どこかで道を間違えたらしくてね。長く待たせたんでなければいいんだが」
「それほどじやない」
「けっこう。遅刻するのは嫌いなんだ」あたりを見まわして、「よし、顔ぶれはそろってるようだな」さらにシミュラの司教の顔をまじまじと見つめ、「しかしアニアス、本当にもう少し日に当たるようにしたほうがいいぞ。顔色がまっ白じゃないか」


「ちょっと待った。その前に贈り物があるんだ」カルテンが割って入った。「おれたちの訪問の記念にね。きっと気に入ってくれると思うぜ」金髪の騎士はわずかに身をかがめ、籠手をはめた手にしっかりと抱えてきた包みの一端を持って小さく振った。マントが黒瑪瑙の床に広がり、床にぶつかったアダスの首が、マーテルの足許まで転がっていって止まった。虚ろな目がじっとマーテルを見上げる。
「ご親切にどうも、サー?カルテン」マーテルは歯を食いしばってそう答え、何気なさそうな様子で首を蹴りのけた。「この手土産の礼はたっぷりとさせてもらおう」
 スパーホークは剣の柄を握りしめた。頭が憎しみに沸騰する。
「そのためにクリクを失ったんだ。しっかり清算させてもらうぞ」
 マーテルの目が丸くなり、声がはっとした調子になった。
「クリクを? 思ってもいなかった。心からお悔やみ申し上げる、スパーホーク。あの男は好きだった。デモスに戻ることがあったら、アスレイドにわたしからの謝罪を伝えてくれ」
「断わる。おまえの名前を出してアスレイドを侮辱する気はない。そろそろ始めるかね」スパーホークは静かに前進した。盾を構え、剣の切先を蛇の頭のようにゆっくりと前後に揺する。カルテンと仲間たちは武器を下げ、硬い表情で二人を見守った。
「思ったとおり、どこまでも紳士的だな」マーテルは兜をかぶり、斬り合いの場所を確保するためにオサの輿のそばを離れた。「その礼儀正しさと公平さが命取りになるぞ、スパーホーク。優位に立っているのだから、その優位を利用すべきなんだ」
「そんな必要はない。少しだが、まだ悔い改める時間はあるぞ。その時間を有効に使うことだ」
 マーテルは薄い笑みを浮かべた。
「その気はないね。自分で選び取った道だ。今さら心変わりして、自分をおとしめるつもりはない」マーテルはかしゃんと面頬を下ろした。
 二人は同時に激突した。剣がそれぞれに相手の盾を打つ。二人は子供のころからクリクの下で同じ訓練を受けてきており、フェイントや誘いで戦端が開かれることはあり得なかった。二人の力はあまりにも拮抗《きっこう》していて、十年以上も前にさかのぼるこの決闘の帰趨《きすう》は、誰にも予測のしようがなかった。
 最初のうちは互いに技量や力量の変化を確かめ合うための、加減した打撃が続いた。訓練されていない者の目には何も考えずに狂ったように攻撃しているとしか見えなかったろうが、決してそういうわけではない。スパーホークにしろマーテルにしろ、怒りのあまり自分を見失って、無防備に隙《すき》を見せるようなことはなかった。二人の盾は大きくへこみ、剣と剣が打ち合わされるたびに大量の火花が散った。いながら、宝石を散りばめたオサの輿と、息を呑《の》み目を丸くして見つめているアニアスとアリッサとリチアスのところから、二人は徐々に遠ざかっていった。それはスパーホークの計略の一つだった。マーテルをオサから引き離し、カルテンたちに太りすぎの皇帝を脅かさせようというのだ。そのためにスパーホークは、その必要もないときに何度か後退し、マーテルを一歩ずつオサから遠ざけていった。
「年を取ったな、スパーホーク」マーテルは息を弾ませながらそう言い、かつてのブラザーの盾に剣を叩きつけた。
「おまえだって同じだ、マーテル」スパーホークは強烈な一撃を放ち、相手をよろめかせた。
 カルテンとアラスとティニアンは、サー?ベヴィエのロッホアーバー斧をひっさげたベリットを従え、散開してオサとアニアスに迫った。ナメクジのようなオサは片手を一振りし、輝く防壁で自分とマーテルの仲間を覆った。
 スパーホークは首のうしろがごくかすかに粟立《あわだ》つのを感じた。セフレーニアが階段を封鎖する魔法を放ったのだ。騎士はマーテルに突進し、すばやく何度も剣を振るって、魔法につきものの感覚に白髪の男が注意を向ける暇を与えないようにした。マーテルはセフレーニアから魔法を習っているので、教母が魔法を放ったときの感じを覚えているかもしれない。  


Posted by ょうどまうえ at 12:05Comments(0)