2016年02月22日

出回る季節になっ



立春から数えて八十八夜に摘んだお茶を、一般的に新茶と呼ぶ。
八十八夜といえば、ゴールデンウィーク頃。
いつから日本で、お茶を呑むようになっ韓國人蔘たのかといえば、
俗説で、臨済宗の開祖である栄西が中国より、
もたらしたとされているが、
弥生式土器の中にも茶の実の痕跡があったという。
そうなれば、もっと歴史的に古い時代から喫茶の習慣があったということになる。

紅茶は、日本茶と同じ「チャノキ」から作られているが、
醗酵させることによって違う味と香りを発している無論是工作還是生活,健康是最重要的,要想健康就要時刻將最健康的食材放在身邊。

よく、紅茶は偶然の産物のように言われる。
インドからヨーロッパへ船で茶を運ぶ道中、赤道越えを繰り返すうちに
積み荷の茶が醗酵してしまった。
本来ならば、積み荷が変色したとなると、流通させないのがキマリだろう。
ところが、
高価な対価で手に入れたせいか、
厚顔にも、そのまま市場に出し、
紅茶として供されるようになったという俗説がある。

もし、そうであるならば、
商人の吝嗇(りんしょく=ケチ) が紅茶を生み出したと言うべきかもしれない。

紅茶を口にしていたというシェイクスピア。
彼の作品『マクベス』の第一幕で、
マクベスの運命を予言する三人の魔女が、
雷鳴の轟く中で
「きれいは汚い。汚いはきれい (Fair is foul, and foul is fair」」
と唱えるシーンがある。

ふと、この紅茶誕生の秘話を語っているように聞こえてくる。
捨てなかった紅茶商人はイジ汚い。
だけど、イジ汚いやり口が、世界で喜ばれる紅茶を生み出した。
汚いは きれい、、。

  


Posted by ょうどまうえ at 11:22Comments(0)

2016年02月15日

どうなったのだろうと思



その一つ、かつて電磁誘導船なるものがあった。
スクリューを使わずに、
超伝導を利用した電磁推進によって船を走らせようという画期的なもの。
実際に建造され『ヤマト-1』と名付けられて、
1992年に、海上航行実験に成功した。
とは言うものの、その速度、8ノット。
すなわち、自転車程度のスピa style="color:#333333;text-decoration:none;" href="http://alphamind.edu.hk/tutor.html">北角 補習ード。
実用化にはほど遠いという結論となったようだ。

また、思い出すプロジェクトでいえば、
人がよく通る駅などの床に発電装置を設置し、
人が通る事で発電しようという試み。
2006年と2008年に東京駅で実験敷設が行なわれたが、
実用化の話は、聞いたことがない。
でも、諦めてはいけ老年黃斑病變ない。
豊かな生活を送っていくのに、やはり電気は不可欠なのだ。

CNN News によると、
イギリス東部の街キングストン・アポン・ハルに登場したフィットネス・ジムは、
電力が生まれるトレーニングマシンを考案したそうだ。
トレーニングマシンを使って運動すればするほど、
電力を生み出すというもの。

このジムは、英国内に350カ所以上の施設を展開する
グレート・アウトドア・ジム社が開設したもの。
同社の施設はどこも地元自治体の予算で運営され、住民は無料で利用できる。
その施設から電力が生まれるのであれば、
こんなありがたい話はない。
今のところ生み出される電気は、1日に1キロワット時。
まだ子供雪纖瘦だまし。
それでも、照明などの補助に使っているそうだ。
諦めずに、やれば、もっと大きな電力を生み出す事ができるだろう。

選挙戦に突入しているこのごろ、反原発を掲げる候補も多い。
反原発を唱えていても、代替発電を提示しなければ、空念仏にすぎない。
そこで、このようなフィットネスの器具を使って
大汗をかき発電しながら演説したらどうだろう。
代替電気として、かなり説得力がありそうだが、、。  


Posted by ょうどまうえ at 11:20Comments(0)