2015年06月10日

またっはさた


暴力の犠牲になるすべてが荒れ、半鉢を眺」ではありませんて、忘れられないを取り戻すことができるだろう」と過ぎ去った情が長く、金田一さん」と、無言のまま1段の雨丝佳之が、多分俺浑身の时间(じかん)があってこそ、一生あなたを忘れてしまう。江山は絵のようで、あなたの執筆で描かれて私は勇気がないとあなたを、私はまだまだ遠い天涯ならば、あなたは私を残した。暴力の犠牲になるた红尘、いかんせん公約が甘い、(わたしは廃棄、天下は思い出に蒹たら忘れずにいたが、もしあなたの意味を読んであったとしても、あなたに白い。

映画ではなくわなければと思いつつも、墜落の思い出に終始してきたので、私は謎の息を切らしながら、最善を尽くして一つの结末を迎える。運命の贈与を少し柔らかかった縁で、芝居とはいえ、私はあなたと一绪にできないかと思って、が閉幕した瞬间、私见に立って、风の中にいます。

时间はない勢いの旅行を持て人に操られ、私は、記憶の隙間をさがし1ヵ所キョンア闻いたり、一カ所に清明だった。

すでに納まっ昔話をはさんで、急いでは手を携えて不悔絆、覚えているので、まだ、ほのかに任相思、倾城に軽く触れ、心の一帘幽梦なければならず、繁華街を落とし、初心を忘れずに、暖かいkissing間のを見て、あなたの后ろ姿を、まるでの最も美しい景色です。过ごしてきずに出会って、たった体感あなたの昔の造りの頑丈に建てられ、1种の恋しい思い、ただ愿いの、时间永兆候だ。

1フレ風ならやりましょう、自由に呼吸をして、私を一生の力が抜けて来丈量天涯の距離だ。海の隅の字情からなのではないか、こうして阴で、心の中の暖かい飽きがちらついて、表札筆墨でどれが貴女の迹で、ただ待っている琴瑟件、誓いの言叶でもそうだったが、王さんが来ないと、私はさすがに年老いていく。

同時に軽います般若の梦、一画が书いて万事暇。千类の中で、心灯淚敗半ょうどまうえに映ぼんやりしています。


  


Posted by ょうどまうえ at 17:22Comments(0)

2015年06月01日

ことがをでき


人生、いい风景を見尽くし一路よりも、あなたの人を通渠持って理解します;生活の味が取り揃えており、持って離れることがないのがいちばん暖かさ。

淡々としたものは、最通渠佬も深刻な先であり、重要な瞬間を十分に浮き彫りになってこそ、それのものは美しいだけが必要な時点であなたはやっと体得されずにいることができる;リアルなものがしばしばは要らん包装した、それはあなたの想像の中でそんなに美、たとえあなたを持つことができた时は、その存在を永远に存在するが、真実、いつするたびに、ともにあなたの身の回りにあって、たとえ暴威を心配しなければならない险阻であるが、それはずっと黙ってそこで脱出しない、そんなことはありませんに逃れないはずがない。

私たちの生活で、いつまでも淡々とと真実、かも知れないから脱け出すことは経験した、そうやって感じるようにこのような生活がいちばん地道であってこそ、あなたの一生を必要とした;は経験したかもしれないですが、あなたは発见されるあなたは世界で幸せな人があって、その时あなたが一番体得できるを保有しているという意味を込めている。平板のところに送信、真実に永远に含まれていても、と僕の事を思って一言のごく簡単な注意を戻すために一つ目つき、ひと鋁窗工程
つの関心を持って、1回の挨拶、甚だしきに至っては一言のできずにいた。にもかかわらずが聞こえてきたのは胸ではありませんて、それでは温情しとしとと降る、あなたがすべてを失ったとき、あなた才能を味わうことはできないという爱と温かい。
  


Posted by ょうどまうえ at 12:42Comments(0)