2015年04月09日

三生石湖畔で

誰绾一縷の青丝を结任华发クリームです。誰に生涯を誓い、任歳月苍凉だった。谁かの縁の间に1回、任古い颜新妆だった。谁かやって痴梦、イム涙雨花黄だった。誰にも迪士尼美語 世界巡回して1世に凝/ 10代だった。一柱檀香谁蓮に我儘瘁西窓がある。誰か一夜にして蒲团、任相思光だった。谁種の一树の菩提、イム舎爱修行。

一曲梦回、谁が谁の永遠な兆候だ。时间の慌ただしくて、出会い慌ただしくて、義理の縁の浅い、避けられない运命の笑いものに、花が咲き、颜を変換する最初の完璧なは姿迪士尼美語 世界を消し、心臓、万感の思いが倾く。経ちましたが、戻ってこないのか、一粒の断肠の涙だった。情愛情で消えて、花火一束、一種の轨迹で無人再に分かって、恋しい思い一缕の胸を騒がせる風をふいたことがあって、全体の痕が深く、/見逃しだけ人生理想だ。一念一痴、一滴の千行涙を流し、望穿天涯、三生石湖畔で谁かんの草むら留は、爱と恨みの葛藤は、情毒困难であろうと同時に、もとはユニダ虚ろになっていた。香嚢」という点で、痛いよ心を監禁して、冷院せいしゅうをしまいながら、1世繁華空寂、1度の再会が、弾一曲と別れ、红尘の微笑、谁が谁の永遠な傷だった。前世現世、帰れ初めが会った刹那、白首偕(ではなく、一童話。一念一闲智芯静な、1段の一つと密接にはイチゴで亡くなった光年、薄いの気持ちで、任苍天难しい……どうせ、イム青丝落(白、1世美人には、香消玉损だ。と、高山流水にかき消された红尘、心を再无牵つまずく;と、中はぼんやりして氤氲た美人には、梦、こんどの飞跃はかなさだった。窓桃の花を防ぐ送信、ひったくるようにおうぎ片付けようの中を探して、明かりに行か风霜教師を付着してください。最后に、笺里結婚が落ちていた。、、、、、痩せた単語、水着が难しいですが、彼等にも魂断だった。
  


Posted by ょうどまうえ at 14:12Comments(0)